ライフル射撃界の由緒ある地、文京区

日本国におけるスポーツとしての射撃は、日本初の射撃団体と言える「東京共同射的會社」が明治15年に設立されたことによって始まりとされております。

 

その後、大正13年に第1回関東学生射撃大会が開催され、これを契機に学生射撃聯盟が結成され、今日の社団法人日本ライフル射撃協会・スポーツ射撃の礎が築かれて行きました。

(社団法人日本ライフル射撃協会史が詳しい)

 

かつて文京区には「小石川トンネル射撃場」や「小石川エア・ライフル射撃場(後の後楽園射撃道場)」がありました。また「東京共同射的會社」は本郷(弥生二丁目辺り)にあった射撃場をもとに設立されました。

 

日本のライフル射撃スポーツの歴史や戦後の復興は、この文京区より始まったといっても過言ではありません。

日本のライフル射撃スポーツ界にとって文京区はとても由緒ある地といえるでしょう。

 

古きを温め、新しきを知る。

過去の経緯を踏まえることで、知恵を得ることができます。

先人達の努力を敬い尊び、過ちを繰り返さず、発展を促進させることができるでしょう。

未来に想いを馳せる者は、過去にもちゃんと目を向ける必要があると考えています。

内容の薄い部分もあるかとは思いますが、この項目がその一助となりますよう、祈念するものであります。

 

小石川トンネル射撃場

 文京区春日(丸ノ内線後楽園駅近く)に設置されていた射撃場施設。

 

小石川エア・ライフル射撃場 後楽園射撃道場

 トンネル射撃場の近く、文京区春日に設置されていた射撃場施設。

 戦前・戦後しばらくは日本ライフル射撃協会の事務局が設置されていた。

 

東京共同射的會社射撃場

 文京区弥生に設置されていた、日本における初のスポーツ射撃団体の射撃場。

 現在は宅地だが、地図上にかつての痕跡を見ることができる。

 

文京区ライフル射撃協会 紹介サイト
- ホームへ戻る -

 

QLOOKアクセス解析

このサイトについて

このサイトは、文京区ライフル射撃協会々員である佐藤が、個人の責任で管理運営しております。

 

公式サイトではないため、事務局や連絡先等は公開致しません。

 

お問い合わせはこちら(リンク集)からお願い致します。

 

本サイトについて

文京区ライフル射撃協会 紹介サイト
(トップページへ)
東京都文京区の関連が主
(リンク集のページへ)